はじめに

地域のチラシ媒体を宣伝媒体に使用している企業は多いのですが、今後はインターネット媒体を利用する会社が増えてくるのではないかと思われます。

インターネットユーザーでも最近はパソコンではなくスマートフォンで情報を調べる方が多くなってきています。女性や若い方であればスマホをより多く見ています。

どうしても欲しいことがある・困りごとの改善をしたいなどのために情報を見ます。その際にサイト・ブログ・Facebook・Twitterなどを見る方が多くなっています。また人の紹介などの口コミで来る方も多くなっています。

SEO対策をする企業も多くなった

最近検索エンジン・SEO対策などを行う企業が増えてきました。検索されそうなキーワードを使った長い文章を書くなどの対策を行うことは有効なのですが、キーワードを中心とした文章にし過ぎる・昔のドメインを買うなどの過度なSEO対策を行ってもサイトの効果に出ないことが多くなっています。

検索エンジンと仲良くすることによって、検索に上手く上位表示をすることそして見込み客との接触を可能にして商品に興味を持っていただくなどの手法を取ることが有効になっています。

宣伝媒体を使い分ける

どのような媒体をどのようなケースで使い分けるかが重要になります。

Facebook:ターゲットの属性を細かく絞りこんで商品を絞り込んで商品に興味を持ちやすい利用者に宣伝をすることが可能になっています。

インスタグラム:写真の共有を行うサービスで見栄えを共有する内容となっています。

Twitter:150文字程度の短文のつぶやきしかできないのですが、ファンになっていただいた方に時系列的に表示します。

LINE:無料のメールでグループでのトークが可能になっています。テーマを絞って書くことで検索の上位表示につながります。

YouTube:動画の共有サービスです。無料のアップロードを行うことができます。ただ著作権に注意が必要です。

特に物販や飲食などの女性に喚起を促すのであればこのような媒体を用いるのが最適かなといえます。

参考文献:中小企業のための補助金・助成金の徹底活用ガイド2017・2018年度版