補助金活用事例まとめ

中小企業診断士とはどのようなものか?

中小企業診断士は創業から事業承継まで経営者の頼れる伴走者となっています。補助金活用などのアドバイスをいただくことができます。

中小企業診断士は経済産業省が認める国家資格コンサルタントとなっています。経営計画・人事・労務・マーケティング・店舗や工場などのオペレーション・財務会計の分析など経営に関する幅広い経営知識や中小企業経営者の方に関する助言技術を有しておりあらゆるビジネスシーンで経営者の相談相手になる頼れる伴走者です。

中小企業診断士は補助金に詳しい方が多く特に補助金申請に関する支援は中小企業診断士の得意科目・専売特許になっています。業界・経営・財務の知識が必要になる上にこれからの進むべき道を描いていく管理会計の知識が必要になってきますが、これらの知識も踏まえてバランスの取れたアドバイスをしていくことが中小企業診断士の使命となっています。

どういう仕事をするのか
ビジネスプランの策定やマーケティング・手続などの創業支援及び指導

事業の現状把握・経営課題の抽出・経営方針の策定などの企業診断・事業計画・経営計画の策定

人事組織・マーケティング・運営・IT・財務等の助言・改善提案など

金融機関調達・最適な補助金の紹介・申請書作成などの資金調達・補助金申請に対する助言

金融機関借入リスク・再建案策定・関係者調整などの企業再生

企業価値算定・事業承継案策定・後継者育成・売買調整などの事業承継・M&Aに対する助言

どんな時に利用できるか?
創業から事業承継まであらゆるビジネスシーンまで企業家の経営課題を解決するための支援に利用できます。

いくらくらいかかるのか?
1時間数千円程度の相談料から何百万になる企画まであります。ただ公的補助金で専門家への相談費用を賄うことができますので利用してみてもいいかもしれません。

参考文献
中小企業のための補助金・助成金徹底活用ガイド2017-2018年版

ページの先頭へ