「補助金コラム」の記事一覧

補助金申請作成のポイント

中小企業診断士や行政書士・税理士などの専門家に補助金の申請書類の作成を費用が発生します。申請書類の代行のみの場合もあれば採択された報告書の作成や中間検査などの事務局からの立ち入り検査の実務上のバランスも受けられる業者もいます。

1、採択実績があるかどうか
過去に補助金の採用実績がほとんどない専門家では採択される事業計画や申請書のレベル感を理解できていないことから採択後に実際は実施できないようなアドバイスを行ったり実務上不適切な計画を申請書類に申し込んだりすることもありますので注意が必要です。

2、専門性があるか
専門家が企業のマーケティングや組織や人事そして工場の生産管理や企業経営に関する知識を持っているかどうかを確認をしておく必要があります。専門家によって経営に関する知識や経験に差があります。中小企業診断士であれば経営に関する一定の知識があることが求められます。

3、採択率を高める提案ができているか
採択されたのちに交付の決定・事業の実施・中間検査・確定検査・実績報告書の提出と補助金の交付まで最短で半年程度・長ければ1年以上かかると思われます。経営者や担当者の方が適切に対応できれば問題はありませんが、経営者に時間がない・ノウハウがないと社内では対応しきれない場合もあります。専門家が補助金の交付までをしっかりとフォローしてくれればいいのですがそうでない場合も多くなっています。

4、採択率を高める提案ができるか
制度目的に合致しない付焼刃的な事業計画書が採択される可能性はほとんどありません。補助金の公募要領に沿った採択可能性を高める工夫のなされた事業計画策定についてのアドバイスが受けられるかなど実際に相談の際に聞いてみるといいのかなという気がします。

ページの先頭へ